読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわっと生きたい

日々ふわっとおだやかに暮らしたい女の日記です。引き寄せの法則とか、映画とか、絶景に興味あります。

大好きな映画から学んでみる

こんにちは、ぽりこです。

突然ですが、映画が大好きです。
グロテスクなのとか怖いのはあんまり好きじゃないけど、邦画洋画問わず、いろんなジャンルの映画が好きです。

その中で一番大好きな映画がこちら。

ウォルター少年と、夏の休日 コレクターズ・エディション [DVD]

ウォルター少年と、夏の休日 コレクターズ・エディション [DVD]

ウォルター少年と、夏の休日
もう最高にいい映画です。

シックスセンスでめっちゃかわいい子役だった、ハーレイジョエルオスメントくんがちょっと大きくなって出演。
ハーレイくん演じるウォルターが夏休みの間、テキサス州に住む会ったこともない遠縁のおじいさん達(ロバートデュバルとマイケルケイン)にあずけられることになります。
このおじいさん達がはちゃめちゃで面白いんですけど、最初は戸惑い&人を信じれない感じのウォルターやけど、おじいさんたちと生活していく中でどんどん成長していくっていうハートウォーミングなお話になっております。

もうほんと最高にいいの!
そればっかりですけど。笑
何がいいって、ストーリーももちろんのこと映像もきれいだし、何よりキャスティングが最高!

主な登場人物は、ウォルターとおじいさんたち、そしてウォルターのお母さん。
みんな演技うまくて、もう最高だよこのキャスティングした人にハグしたいよって気分になります。

もう最高!ほんとに。
最高最高、いい加減うるさいですね。笑

そしてこの映画から何を学んでみるかというと…
ウォルターのお母さんっていうのがね。
子供のことは愛してるんやけど、でも男にだらしないの。
男の人いないと生きていけないって感じの人なんですね。
まぁ憎めないかわいいお母さんなんですけどね。それをキーラセジウィックが演じてるからまた可愛いのなんのって。
…ちょっと話が逸れました。
そう。そして、ちょいちょい男の人に夢中になってはウォルターをほったらかしにするわけですな
今回も速記やったかな、なんかの学校に通うからその間おじいさん達のおうちに預けられることになりました。
でも嘘なの、男といるんですね。
そんな感じで嘘つくから、ウォルターはあんまり人を信じれない少年になってしまったわけですよ。


そんなウォルターが、ハブおじいさん(ロバートデュバル)にこんなことを言われます。

「真実かどうかじゃない、信じたいものを信じろ」

って。
ごめんなさい、セリフはこの通りじゃないけど。こんな感じのことを教えられるんですね。

もうハブじいさん、ちょーかっこいいよ!

このシーンが一番好きなんですが、
これを最初に見た瞬間、めちゃめちゃ衝撃走りました。
雷落ちましたね

ほんとそうだよなって思ったんです。
真実やから信じるんじゃなくて、自分が信じたいと思ったら信じる。それでいいんじゃないと。

これいろんなことに通じるなと思いました。
私の場合は、もっぱら彼氏とのことなんですが…笑

彼はもともと仕事が忙しい人で、その上連絡不精ときたもんでして。
3月から新しいところに転勤して、休みもほぼないぐらい忙しいみたいなので、まったく彼から連絡ないんですね。
私がたまに送ったラインに、たまぁに返事があるくらい。まぁほとんど既読スルーなんですけどね!笑
会うのもバレンタインに会ってから、会えていないわけなのですが。

だいたい普通に過ごせてるけど、
でも「会いたいー!」ってのが爆発しそうな日もあります。
そして落ち込む日もあるし、「なんなの、私のこともう好きじゃないんじゃないの。大事に思ってないんじゃないの」とかモヤモヤしますよね。

そんな時にハブおじさんの言葉を思いだします。

そうして「彼は私が好き。連絡できないくらい忙しいんだ、てかあいつもともと連絡不精じゃない(あいつ呼ばわり。笑)。別れたいならもっと前にきちんと会っていう奴だあいつは、だから大丈夫。彼は私を信頼しきってるんだ、だからこれは甘えてるんだ。そして私も彼が好き。」的な感じで、言い聞かせています。笑

実際のところは、どれが正しいなんて彼に聞かないと分からないし。
聞いても分からないかもしれない。

じゃあ、「彼は私のことが好きだし、信頼してる」ってことを信じる方が、いいなと思いました。
自分の精神衛生上も。笑

会ったら、なばなの里に連れてってもらうんだとニヤニヤしながら過ごすことにします。

なんだか長くなってしまいましたが、もし気になりましたら「ウォルター少年と夏の休日」見てみてください♡

ほっこりできること間違いなし。