読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわっと生きたい

日々ふわっとおだやかに暮らしたい女の日記です。引き寄せの法則とか、映画とか、絶景に興味あります。

血流が全てをにぎっている

こんばんは、ぽりこです。

明日行ったらお休みです。
花金♡
テンアゲ、バイブスyeah
覚えたての若者言葉を使ってみました、三十路必死です。

そんな花金
世の中が盛り上がる金曜日
しかし私の気持ちは特段盛り上がっておりません。

なんかこう最近気持ちがそこまで上がらない
この前もね、会社の近くに最近お気に入りのカフェを見つけて、そこに行ってきたんですよ。
いつもはマスターとかお客さんと話して、めっちゃ笑って帰るんですけど
その日は行く前から、うーん今日はやめとこうかなって何となく思ったんだけど。
まぁ行くかと思って行ったら、案の定なんかあんまりうまく話せなかったというか楽しくなくて。
直感は大事にするもんだなと思いましたね。

ほんで、何で気分が上がらないとか考えたところ。
やっぱり行き着く先は彼氏なんですよね。
すいません、また出ました彼氏。
お前、また彼氏のこと書くのかよって感じですよね。
生暖かい目で見守ってください。
なんなら白目でも大丈夫です。
あ、冷ややかな的な白い目じゃなくて、本当の白目で(なんだ

そして彼氏と表記するのが照れくさいので、無双という呼び名を考えたわけですが
それはそれで照れくさい。
まぁでも無双でいきます、なにがなんでも。

私の気持ちが盛り上がらないのは、やっぱり無双から連絡こないのが気になっちゃってるんだなと思いました。
討ちとるぜとか、全部受け入れるぜとか大きいこと言いながら(いや、ほんとにそういう気持ちではいるんですけどね
内心はビビリなチキンハートなわけで。

だから今日はとことん無双を分析しようと思います。
ノートに書いてって感じですが、誰かに聞いて欲しい願望が強い私であります。
かたじけない。

GW休みあるー?にも、お土産を吊るしたのも特に反応なしとこの前の記事に書いたのですが、現在進行中であります。

でもちょっと情報が入ってきまして、
私たちは紹介で知り合ったんですけど、紹介してくれた人(Aさん)と無双が、最近会社の歓送迎会で会ったみたいで。
(紹介してくれた人は、母の友達なので、母に連絡がありました。又聞きの又聞き。笑)

そこで、Aさんが「(私と)最近どう?」的なこと聞いてくれたみたいで、無双の答えが「現状維持です」

いや現状維持ってなんだろう。
どんな現状を維持してんの。


歓送迎会は、「お土産つっといたで」って連絡した次の日に開催されたみたいなんですね。

いや…
私の連絡を無視する現状を目下維持してまーす☆っことかい!

とツッコミたくなったんですけど、それはさすがに深読みかとも思いつつ。
まぁ上手くいってないとか、何かしら彼の中で考えるところがあるならば…たぶん現状維持という言葉ではなく、もっと曖昧な表現で返しそう。

ってことは普通に付き合ってるつもりなのかという驚愕の事実に至るわけですよ。
全米が震撼どころじゃないですよ、これは。

え、なんだろう。連絡しなくても平気とか思われてんのかな。
いや全然平気ちゃうから。こんなことはこれっきりにして欲しいレベルやわと思い、素直な気持ちをメールで綴ることにいたしました。

「仕事頑張ってるの支えたいし、応援してる
忙しいのはしょうがないし、負担になったら嫌やし、自分の気持ち伝えるの下手やから今まで言わんかったけど、ほんまはめっちゃ会いたい
毎日でも会いたいし、声聞きたいし、すごい好きなんやんか。
だから会われへんのも、返事ないのも全然平気じゃない。さみしい」

って松岡修造ばりの熱い気持ちを届けたんですよ。
これ送ったのこの前の日曜くらいだったんですけど、特に返事はございません。
もしかしたらこの土日に動きが?!
って思ったらワクワクしないでもないけど…

てかこの熱い気持ちへのスルーありえる?!
安定だよもう、崩せないよ誰にもそのスルー力
you、スルーキング

もう、ほんと。
いろいろつらつら長々と書きましたが、
自分の中の分析をまとめると…

「男脳というものはシングルタスクなのは学んだ。無双は男脳の中の男脳。1つのことにしか集中しません。ぽりこは待っててくれる、大丈夫!俺らいい感じにお互い理解し合って付き合ってるよね(現状維持発言より)」


無双の私への信頼感がパネぇってことでまとめさせてもらおうかと思います。

うん、もうそれでいい。
それでいこう。

そして今頃タイトルの血流の件ですが、
血流が悪いと体は元より、心も不健康になるらしいですよ。

血流がすべて解決する

血流がすべて解決する

私の気持ちが悪いのは血流のせいだ。
そうだそうだ。
だからわたしはこれを熟読する。


それでは、おやすみなさいませ。