読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふわっと生きたい

日々ふわっとおだやかに暮らしたい女の日記です。引き寄せの法則とか、映画とか、絶景に興味あります。

誰の課題か考えてみる話

引き寄せ ひとりごと

こんにちは、ぽりこです。
眼精疲労が半端ないぽりこです。
目を取りたい、そしてあたためたい←


前にもちらっと書きましたが、いま「嫌われる勇気」を読んでます。
まだ途中なんですが、本の中で「課題の分離」って話が出てくるんですが、自分の課題と他人の課題を分けましょう。ほんで、他人の課題には介入しない、自分の課題には介入させない


例え話で、親子関係のお話が出てきます。
親がどんなに勉強して欲しくても、勉強をするかどうかは「子供の課題」。
的な、なんとなく伝わりましたか。課題。
課題。


じゃあ誰の課題かはどうやって見分けんのさ?ってのは、その課題の最終的な結果を受け取るのは誰か?その人の課題なんだぜイエーイみたいな。


ほんまたしかになーって。
そう考えると、私結構人の課題に介入してるなって思いました。


この前のタロット占いの人にも言われたんですよね
「自分と人にもうちょっと境界線を引くのを意識してみて」って。


ほんでね、引き寄せやってやるぜ!な人がつまずくポイントとして、結構これ大切なんちゃうかなと思いました。


現実に余計な評価をつけてるのって自分じゃないですか。
「○○が起こったからもうだめだ」「これが起こるってことは、やっぱり○○なんだ」とか。
良い悪いを判断するのはやめましょうぜって。
奥さんやめましょうぜって話なんですが、なんで判断しちゃうかっていうと、他人の課題をどうにかしようとしてるからか?!と。


たとえば、「好きな人から連絡がこない」。
連絡がこないって事実だけで
・好きなら連絡するはず
・連絡ないのは好きじゃないからだ
・じゃあやっぱり駄目だ
・もう諦めるしかない
って考えちゃうこともあるかと思うんですが、
「連絡をするかどうか」というのは、その人(好きな人)の課題なわけで、こちらがどうこうできるものではないし、どうこうしようとしちゃいけない…いけないっちゅーかできないなって思うんですね。
結局同じこと二回言いましたね。
やけど、どうにかしたいから良い悪いの判断しちゃいがちなんかなって。


って熱く語ったけど、私以外、全員「んなぁこたー分かっとるわい」ってオチやったらおもしろい。←


というわけで、私に連絡返すかどうかは、やっぱ無双の課題だよな
(でも占いの人は、「まあこの彼の立場からしたら、返すべきなんやけどね。彼も変わりたいって思ってるし、あなた以上の人はいないと思う。彼が相談に来たら迷わず返せって言うけど、相談に来てるのあなたやからほっとことしか言えないわ」的なこと言うてはったんですが…私もそう思う!←
無双さん、私離しちゃダメだと思いますよ!(ぇ
っても、それも無双の課題やからな。)
うん、やっぱ潜在意識にお任せやなと、改めてすっきりしたよって報告でした(ぇ



なんしか明日は絶景さんとおデート
ふふふ。。。笑
全部ゆるい感じで、流れに任せてふわっとまるっと受け取ってやるぜ!(誰
なんやかんやで、全部うまくいくわけですよ。
むしろうまくいっとるわけですよ。
ほんとに。


















応援してやるよな方はこちらをポチッと♡↓





にほんブログ村


にほんブログ村